読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

波乗りジプシー

サーフィン日記・波情報・サーフギア・おすすめのランチなどを書いてみます。

サーフィンと原発

明日で東日本大震災からちょうど6年です。ちょうどその時みなさんは何をされてましたか?

 

その日は営業で川崎まで行っており帰社しようと電車で移動中の出来事でした。蒲田駅にちょうど停車中に大きくゆったり揺れて悲鳴が聞こえて。あ、地震なんだと気付きました。そのときの状況をつかめず、しばらくしたら動き出すだろうと思い、待っていたのですが駅構内にいた人はみんな外に出されてしまいました。

駅の外に出ると人が溢れていて駅前のビルから配管が破裂したのか壁面から水が吹き出していてただ事ではないなと。会社に報告しようにも電波がずっと繋がらない状況。とりあえず会社に戻らなければと思い何時間も歩きました。

会社に戻ったところみんなテレビでニュースを見ていて余りの悲惨さに言葉を失ったのを覚えています。津波で人が流されてる映像や町が飲み込まれてる破壊力を目の当たりにして固まってしまったのを覚えています。

 

震災のあった一週間前に千葉北でサーフィンしてたのですが今思えばその時からサインは出てたんですね。波待ちしてるときに数メートル先に黒い大きな影がヌーッと動いてるのが見えました。海に入っていて他の生命体と出くわすと相当びびります。背びれが見えなかったので小さいクジラだったんだと思います。海帰りに携帯を見てると外房の海岸線に何頭ものクジラが打ち上げられたというニュースが出てました。プレートがずれ込んだときに発生する磁場の影響だとも言われてました。

 

今となってはすっかり自粛してた方、海から離れていたサーファーもほとんど戻ってるんじゃないでしょうか?当時は色んな情報が錯綜していて(特に放射能)異様な雰囲気でした。

放射能の影響を考えて移住された方も何人か周りにも出て人ごとではないと感じました。

人によって考え方も様々で痲痺してきたのか学習してきたのか以前と比べると線量に対する拒絶反応は薄まりつつあると思います。そう考えると慣れって怖いですよね。怒りや恨みは時間とともに風化されてしまう。ただ今でも苦しんでいる人がたくさんいるのは間違いないです。

 

「東電は許せない。しかし…」 震災・原発事故から6年 福島の浜で - Yahoo!ニュース

 

この記事を読んで改めて考えさせられました。明らかに人災ですもんね。残された遺族のことを思うと言葉に詰まります。

東電東電と槍玉に挙げられてますが、後手後手で動きのかったるい国なんかには依存してられません。

改めて海と身近に接する機会の多いサーファーだからこそ、あの災害、人災を忘れずに同じ過ちが二度と起きないように何が出来るか、どう動くべきかを考えてくべきだと思います。明日は人災当時のことを思い出し亡くなられた方を悼み、思い返す良い機会だと思います。

恵まれた環境で幸せにサーフィンできることに感謝!